事業内容

Service

画像診断ソリューション

IT技術を駆使した高機能画像伝送システムで、緊急時や医療現場の課題にフレキシブルに対応。より高品質な医療サービスを実現します。

CTやMRIなどの画像診断機器とPACSに代表される周辺機器の高機能化は、診断及び治療の質の向上に大きく貢献しています。例えば時間分解性能に優れたMDCTが、侵襲の高いカテーテルを使用した血管造影検査に取って代ろうとしているように、今後の画像診断はますます医療の中心となっていくでしょう。

一方で、更なる医療の質向上を実現するためには、情報のMOBILITY(機動性)をどのように担保していくかが大きなテーマと言えます。しかし、大規模なシステム構築を前提としたソリューションは、その費用対効果や運用面から導入障壁が高く、救急を代表とする緊急性の高い医療現場にとって、今まで大きな課題でした。

このような課題にお応えすべく、弊社では簡便且つ費用対効果に優れた「高機能画像伝送システム」のソリューション提案を開始いたしました。画像伝送システムを用いて医用画像を受信側(専門医)の状況に応じて伝送。緊急時にも、専門医が院外先にて読影し指示を与えることが可能になり、より高品質な医療サービスを実現します。

高機能画面伝送システムの特徴

基本運用フロー

例えば、緊急時。医療現場に専門医が不在…。
院外専門医の携帯端末や院外サーバーへ画像データを転送し、
緊急時にもフレキシブに対応する事が可能です。
また、困った時の相談相手として、放射線専門医ネットワークにも連携しております。

地域連携型

これからの医療のキーワードとなる”地域連携”。
つながる、伝わる、安心感をご提供できます。

ページ上部へ